2012年2月29日水曜日

夕礼。

今のオフィスでは、夕礼と称して月末の最終日の午後3時から会議がある。毎月、誰がどのくらいの新契約を獲得したのか、或いは誰が新契約を取れないで、自分自身が契約解除になるのかが一目瞭然に判る。当たり前だが、弱肉強食のところがある。
これって結構、面白いよ。その夕礼が、今から始まる。
(中断)
で、この後、4時半から7階会議室で宴会となり、しこたま紹興酒とビールを飲み、場所をオフィスに近い餃子屋に移し、その2次会が終わったのが10時過ぎ。6時間近く、延々と飲んで喋っていたことになる。で、私の話からインスピレーションを感じたり、感銘を受けた人はそれなりにいたと思うけど、私自身のメリットは全く無かった。なので、次回からは誘われても行かないようにしたい。時間がもったいないもん。
ところで、写真はガーナ人の友人だけど、昨日メールが来て、日本に行ったら私と同じオフィスで働きたいのだと言う。何で何でって感じ。アフリカ人の発想は全くもって理解不能だ。
でもね、断言するけど、彼に新契約は1件も取れないだろう。そんな甘いもんじゃないんだってことを彼に解らせるため、今から英文でメールを打つ。めんどくさいなあ!

2012年2月28日火曜日

ひままつり。

もーいーくつ寝るとー、ひなまつりー。ひなまつりは、ひままつり。雛飾りは、写真のよーに紙のやつで充分だと思うよ。以上。

2012年2月27日月曜日

新商品。

ゲゲー、スゴスゴー! この激辛焼きそばを食って、正直ヤバかった。辛いものを全く苦手にしていない私でも、これはキツイわぁ。2月20日に発売開始となった「ペヤング激辛焼きそば」の話。
付属の液体ソースのどこに秘密があるのか? こんなにも辛くしなくてもよかったんじゃないかって思うぐらいのレベルで、子供や年寄りは間違っても食べない方がいいです。はっきり言う。
Too hot to eat! It’s beyond for me.
私の友人のなかで最も体重の重い大久保チャン(170kg)とも意見交換したのだが、この商品に関しては彼も私と同様に否定的であった。めったに新商品を出さない群馬の「まるか食品」は、何を考えてこの真っ赤な新商品を世に問うたのだろうか? 意図が読めない。
この焼きそばを食い終えた私の唇と胃の粘膜と肛門の辺りが三点同時にヒリヒリしたことは言うまでもなく、ペットボトルのお茶を一気飲みすることで事無きを得た。水分の補給が無ければ体調に異変があったろうことは想像に難くない。
普段の食事に際し、何でこんなリスクを背負わねばならないのか?
God bless me!
全くもって、怖ろしい新商品が出現したものだ。オススメしません。

2012年2月26日日曜日

富くじ。

巷は東京マラソン一色って感じで盛り上がってはいるけれど、私は市民参加型のこーゆーイベントはキライである。なぜか?理由は簡単で、交通規制が市民の足かせになるからだ。銀座の木村屋でアンパンを買った後、三越銀座店に行こうとするオバアチャンが中央通りを渡れず、仕方なく東京メトロ銀座駅まで降りてから三越銀座店に入り、買物を終えてオポジットサイドの鳩居堂で便箋を買おうと思っても、また東京メトロ銀座駅経由で行かねばならない。やれやれと胸を撫で下ろしたのも束の間、孫に頼まれた楽譜を山野楽器に取りに行くため和光の方へ晴海通りを渡りたいのだが、一般歩行者通行止めのため、また東京メトロ銀座駅まで下ってから地上に出てこなければならない。この後、本来であれば伊東屋へボールペンの修理に行く予定であったのだが、オバアチャンは足が疲れたのでそのままJR有楽町駅から帰ることにした。これって、有り得る話でしょ?
ま、どうでもいいや。本題に入る。
本日、東日本大震災復興支援グリーンジャンボ宝くじを1枚だけ買った。1等は3億円。抽選日は3月23日、支払い開始日は3月28日からだけど、高額当選金の支払いは3月30日出発のスコットランド外遊には間に合わないだろうから、やっぱ大名旅行は無理ってことだな…。
ところで、3億円当たった場合のシュミレーションを考えてみた。
住宅ローンの返済、1800万円。長男の大学授業料、87万円。都営八柱霊園の墓地建立、250万円。富士通ゼネラル14畳タイプのエアコン、7万2000円。薪ストーブ(ノルウェー・ヨツール社)の設置、85万円。サンルームの増床、60万円。スウェーデン・オーディオプロ社のスピーカー3万8000円。モンブランのボールペン(お客様用)、3万7000円。ジュネーブ・ヴァシュロンコンスタンタンの腕時計5万80000円。これくらいだなあ、当座必要なのは。トータルで2302万5000円。
残りの2億7697万5000円はどうしよう?
まず、1億円は人民元に交換しておきたい。都銀4行とセブン銀行、ゆうちょ銀行に1000万円ずつ。それで6000万円。なので余りは1億1697万5000円となる。
20年間の証券マン生活を通じて、株式投資に適性がないことは心得ているし、各種のデリバティブやFXにも手を出すつもりはない。固定資産税をこれ以上支払いたくないので、不動産を買うってことはしない。収入は今の状態で充分食っていけるので、この金は正直、余ってしまう。1g4800円になってしまった金を買うって気分でもないけど、500gの現物は持ち運びできるから、10枚ぐらいは買っておくかぁー。値下がりしてもオッケーって感じ。これが2400万円。そうすると耐火金庫が必要になるけど、80万円ぐらいのやつでいいのかな。引き算して9217万5000円。
あと、30年は現役で飲み食いするとして、今度は割り算すると年間で307万2500円ずつ遊興費に使っていいってことだな。365日で割ると1日あたり8418円。
うーん、近所の「長江」でチンジャオロースー定食を食べて800円、サウナに入って1400円、これで2200円かぁ。あと6218円は、なんとかして酒を飲むしかないなぁ。毎日それだと飽きてしまうから、努めてゴルフに行くようにしなければならない。そうだな、その手があった。名門、我孫子ゴルフクラブのメンバーになるしかないなぁ。会員権を買うのはいいにして、名変料って支払うの厭だなあ。メンバーに親しい人が複数いるので推薦に関しては問題ないけど…。
ま、全ては当たってからの話と言うことで…。

2012年2月25日土曜日

2012年2月24日金曜日

スレイマン1世。

写真のよーに、オスマントルコを世界の大帝国に仕上げたのがスレイマン1世である。おそらく、こーゆー仕事のできる男に共通して言えることは、日々の目標が明確で、それを遂行する集中力が一般人より優れていて精神的に強いってことだろう。
ロードス島を奪回し、今のセルビアの首都ベオグラード、ハンガリーの首都ブダペストを陥落させたものの、オーストリアの首都ウイーンを攻める際、長雨に祟られ主力の砲撃隊がぬかるみの中を進めず、敵陣に壊滅的なダメージを与えられないまま冬を迎えたため、撤退を余儀なくされた。
なので、彼はオーストリアを治めることが出来なかったし、ウイーンのハプスブルグ家は天の慈雨によって、命拾いをした訳だ。
あと、スレイマン1世の変わったところは、乞食出身の女性を後の正室に引き上げたことだ。彼女が絶世の美女であったことは想像に難くないけど、このクラスの男にとっては世間体や慣習、ルールなど関係なかったとゆーのが本当のところだろう。

2012年2月23日木曜日

SIRMA.

オスマントルコのスレイマン1世(1494~1566)が72歳まで生きたのは、この水を飲んでいたからだといわれている。現在のトルコ共和国、アナトリア高原の地下1800mから自然湧出しているSIRMA社のミネラルウォーターは伊勢丹松戸店で500cc入りペットボトルが1本126円。現地より高いのは当たり前だが、かの地では、1本いくらで販売してるんだろーか?飛んでイスタンブールに行って、恨まないのがルールに従って、その差額を確認してみたい衝動に駆られる私である。

2012年2月22日水曜日

大きな客人。

大きな客人が福井県鯖江市から来た。JR浜松町にほど近い「秋田屋」とゆー串焼き屋で会った。初顔合わせである。彼は42歳。塗り物の製造販売をやっている。
彼の帰りの飛行機の時間が押していたこともあり、1時間30分ほどで散会した。会計はなぜか私持ち。御徒町の「花月」で買ったかりんとうを手土産に持たせた後、彼はニコニコと帰っていった。
次に東京に出てきたときは「上野で会いましょう」と彼は言う。
私にメリットはあるのだろうか?

2012年2月21日火曜日

重要な喫茶店。

この「BLESS」とゆー名の喫茶店で、私のメンターとも言えるU氏と1時間半ほど喋ったのはいつのことだっただろう?
京浜急行青物横丁駅そばのこの喫茶店でU氏の話にヒントを得た私が、今のオフィスへの移籍を決めたのだから、おそらく2011年の7月ではないかと思われる。
詳細はここには記すことはできないが、私を2003年6月から知る彼の、私に対するメッセージがとても有難かったことを鮮明に覚えている。この店に入ることはあまりないだろうが、この店の前を通るとき、何かしらのインスピレーションが、その都度湧いてくるよーな感じがする。
「BLESS」。その意味は清める。なので、God bless you.神はあなたを清める。神はあなたを悪から守る。転じて、神のご加護をってことになる。
誠にありがたい名前のお店である。アーメン。

2012年2月20日月曜日

外部セミナー。

写真の雑誌に掲載されたゼロ学の講師によるセミナーに申し込んでしまった。申し込み用紙に「仕事で伸び悩んでいる人の」ってゆーくだりがあり、通常は、この類のものには絶対に行かない私なのだが、紹介者の手前、無下に断ることもできず3500円を三菱東京UFJ銀行上北沢ブランチに振り込んだ。
スケジュールは2月19日(月)午後2時からなので、まだ先の話だが行くからには何かを体得してきたいと思っている。

2012年2月19日日曜日

British Airways.

飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで、回って回って回って回るうーっってゆー歌があったけど、3月30日(金)、成田第二ターミナル10:55発ブリティッシュエアライン6便に搭乗する運びとなった。
隣の松尾さんが「eチケットお客様控え」と「ご請求書」を、ついさっき持ってきてくれたのだ。
機内で12時間、居眠りをしたりCAにチョッカイを出したりしていればロンドンのヒースロー空港第五ターミナルに到着し、トランジットは同じターミナルからなので1時間25分後には再度、飛び立つ。ほどなく、ブリティッシュエアライン1488便が私をスコットランドのグラスゴーに連れて行ってくれる筈だ。
帰りは現地時間の4月3日(火)、グラスゴー空港を9:35(同1477便)に、遅刻せず搭乗できれば11時にロンドン・ヒースロー空港。2時間後、成田へ向けた気合充分の同5便がノンストップでシベリアを横断し、日本時間の4月4日(水)9:05に私を成田第二ターミナルに届けてくれる手はずだ。
現地での予定は全く立てておらず、宿泊先も未定だ。隣町のエジンバラで元ベイシティーローラーズのパット・マッグリンに会う以外は、はっきりした計画がない。向こうでブッキングができればアイラ島も候補だけど、ハイランドのインバネスも捨て難い。鉄道の旅も堪能したい。
あと、ハイランドドレスを着て、パグパイプを持って記念撮影をするってのもいいなぁ、なーんて考えてるけど、この計画ってアバウト過ぎる?

2012年2月18日土曜日

雪。

自宅の庭に今朝降った雪である。これを雪だとゆーと、豪雪地帯の人は怒るかもしれない。
写真で見てもわかるよーに、縦10m、横2m50cm程度の小さな庭ではあるのだが、息子が小学校6年生の頃、サッカーのパス練習をしたり、愛犬が走り回ったりの賑やかな庭であった。今は冬で、地面の下では植物の根っこであるとか昆虫、微生物が春の訪れを待って、じっと待機しているのであろう。
春は、後1ヶ月も待てば必ずやってくる。花が咲き、新芽が萌え、葉を茂らせる。そして成長を繰り返していく。
ところで、今、私は書斎に篭り読書をしている。具体的にゆーと、扇谷正造著、「現代文の書き方」を読んでいるのだが、私の書いている文章がことごとく定石を外していることに今更ながら気付かせられた。確か、この本は神戸市垂水区の文進堂で買った筈なので、33年も前から私の傍らにある。であるのに、この本の教えが全く身についていないばかりか、遥かに遠のいてしまっている現実にカックンとなりながらも、読む度ごとの新しい発見が新鮮だったりして…(こーゆー重複した表現がイヤラシイんだなー!)。
ともあれ、シタール先生に貰ったカレースナックをつまみ、のむヨーグルトで喉を潤しながらのしあわせな昼下がりである。
じゃ、そろそろ、出掛けるとするか。行ってきまーす。

2012年2月17日金曜日

集合。

なんだかわからないけど、私の周りに人が集まるよーになってきた。コンサート関係、中国・洛陽関係、フェイスブック関係、生保の募集関係、プライベートその他なんだけどー、今日は秋葉でいつものメンバーと18時から会食だし、明日は神田で18時。明後日は目黒に9時。これは外資系企業のヤンエグ管理職からの新契約。この日はさらに品川区の青物横丁でプレゼン。午後にド真剣になってやる。22日の17時には福井県から漆器製造メーカーの若社長が東京に出てくるので浜松町の「秋田屋」で飲むし、来週のどこかでバイオリニストの女性と神田の三浦チャンの店で焼肉。この2人とは初顔合わせ。週末は大阪出張か、京都府の福知山出張が入るし、3月に入るとガーナ人が家に来る。4月には中国・洛陽から男女4組8人のお客様を東京案内する予定になっている。4月20日以降はインドのデリーから折り紙アーチストのアジャイ君が日本国内で25日間に亘る滞在をするので、そのサポートを。そして共通の知人である皮膚科のジョイナーにも初顔合わせの予定だし、何よりも3月30日からの6日間、4月4日までのスコットランド外遊が、一世一代の旅行になりそうなので何としても成功させたいと思う。
日常の業務といっては大袈裟だけど、それらをこなしながらのハードなスケジュールの消化を余儀なくされることになる。うれしいよーな落ち着かないよーな、なんだか変な感じだ。ひょっとしたら、自分のキャパを超えているのかもしれない…。
いろんな人が私に向かってくる。別に集合をかけたわけでもないのだけれど、ありがたいことに集まってきてくれる。ここ数年、自分がやってきたことって間違ってなかったのかなぁーて気もする。
今年の正月、神田明神で引いたおみくじが大吉だったのは、こーゆーことだったのかなあ?
ともあれ、油断は禁物なので、健康を維持・管理し、気を引き締めて目の前のイベントを一つずつ確実にこなしていきたい。そして、フィジカルに強い健康な身体に産んでくれた両親に感謝をしたい。

2012年2月16日木曜日

バレンタインデー。

今日は2月16日なので、実際にはバレンタインデーでも何でもないのだが、インド人のシタール
先生がバレンタインデーのチョコレートの代わりに、インド人の殆んど全員が食べているカレー味のスナック菓子をくれた。ありがとう。そのまま食べるのもいいようなのだけれど、スペシャルな食べ方があるらしい。
それは、玉葱を切ってレモン汁を大量に振りかけた後、このカレースナックをまぶし、思いっきり掻き混ぜて食べるのだそうだ。そのうちにやってみようと思う。

2012年2月15日水曜日

ピンチはチャンス。

福島市在住のお客様から、保険を解約して欲しい旨のコールがあった。ガビーン! 昼飯が美味しく食べられなかったのは言うまでもないのだが、どうやら事情がありそうだ。
契約者、被保険者ともに市内の温泉旅館の経営に携わっていて、宿泊者激減による売上の低下のみならず、同業者、知人に貸したお金が返ってこないのだという。この方の人柄を考えると、決してこの状況を責めることはできない。担当者として、私は潔く解約に応じたのだが、実はこの契約、昨年の10月に成立したばかりのホヤホヤのそれなのだ。
とゆーことは、短期解約のペナルティーが私に課せられることになる。要は既に貰ってあるコミッションを会社に返還しなければならないのだ。
これは結構イタイ。その金額が40万円になるのか30万円になるのかは、これから計算しなくてはいけないのだが、鮮やかなリカバリーショットを打たねばならないことは間違いありません。
で、思うのだけれど、自分が強い状態のとき、ピンチは大チャンスになるってことを、私は経験則から知っている。ひょっとしたら、このことが渡りに船って感じになるかもしれないのだ。
シンプルに考えると、ただ、それ以上の契約を新しく頂戴すればよいだけなので、案ずることはない。
ピンチはチャンス。いや、大チャンスだ。いとも簡単に、そう思い込んでしまえる自分のいい加減さに感謝をしたい。これって母親に似たのかな?
素直に、ありがとうと言いたい。

2012年2月14日火曜日

夢が広がる。

あと45日働けば、夢のスコットランドの土を踏める。ロンドンは単なる中継地に過ぎず、スコットラアンドのグラスゴーとエジンバラを堪能しようと思っている。スケジュールが噛み合えば、そこにアイラ島かインバネスをブッ込む。
憧れのブリティッシュエアラインに搭乗し、6日間は英語漬け、酒浸りの日々を過ごす。ハプニングは当然、想定され、ハードな局面にも遭遇するだろうが私はタフなので大丈夫だ。
愛犬ドンキーの他界とゆー環境の変化に呼応し、昨年から再び、海外に出て行くことが可能となった。現地には、ラブラドールレトリバーも多いよーなので、道で出くわした時に切ない気持ちになるのかもしれないが…。それも一興だろう。
とにかく、45日間をしっかりと働いて、その第一歩となる3月30日(金)、京成日暮里駅8時18分発のスカイライナー11号には絶対に乗り込む。
この自由を甘受し、味わい尽くしたいと思っている。

2012年2月13日月曜日

これが営業と言えるのか?

ある見込客と関東近郊のターミナル駅近くの居酒屋に、しけ込んだ。目的がセールスなのか、ただ単に2人でしんみりと飲みたかったのか、今もってわからない。
話は、お互いの生き方、子供、下ネタ、保険の話、メモ帳について、共通の神戸の友人について、代官山のロケーション、明治神宮、離婚と結婚について、サッポロクラシックビールの味わい方、定山渓とサホロスキー場の違い、トマムリゾートの今後、墓地、家相、村上春樹とゆー作家について、外食産業の現状と課題、高野のパフェ、割引チケット、間の悪いオバアサンの化粧についてを3時間に亘って喋った。
新契約は頂戴できそうなのだが、商品説明もそこそこに煮込みやアジのフライやポテトサラダをつまみながらずーっと飲んで喋ってるだけ…。
これが営業と言えるのか? それとも、一つの営業のカタチなのか?
ご意見を頂戴したいと思う。

2012年2月12日日曜日

合掌、ホイットニー・ヒューストン。

今は、松戸の自宅の近所にあるサウナに来ている。アンケートに答えたら、無料招待券を進呈されたので、ここにいる。ここは4台のパソコンが設置・開放されているので重宝している。
で、傍らのテレビからは、ホイットニー・ヒューストンの訃報。48歳。私より3歳若い。ビバリーヒルズの豪邸近くのヒルトンホテルの一室にて。
なんか、アメリカの光と影ってゆーのかなぁ。最近は以前のよーな声が出ず、十代の歌手が圧倒的な声量で歌う姿を映像で目にし、淋しく笑っていたらしい。
薬物とアルコール依存症。家もある、金もある。愛が無かったのか?死因は何となくわかる。
私が高校3年生のころ、中安くんとゆー地元神戸でもポップスに滅法詳しい彼の部屋で初めて聴いたホーットニー・ヒューストン。LP版のレコードジャケットの彼女は水着を着て、スクッと長い足を見せて立っていた。2、3曲を聴いて、これは凄い歌手が出てきたものだと思ったし、邦題の「すべてをあなたに」は、その場で即、何回も歌い反芻反芻したので、あっとゆー間に歌えるようになってしまった。なので今、この場でマイクを渡されオーディエンスが2000人いても、私はそれなりの感動を皆の衆に与える自信がある。
ひとつの時代の終わり。アメリカの終焉も近い。
謹んでお悔やみを申し上げる。ホイットニー、ご苦労様。ゆっくりと休んでください。

2012年2月11日土曜日

もし僕らの言葉がウイスキーであったなら。

村上春樹のこのエッセイ集に520円だか30円のコストを払った。早速、秋葉原のマクドナルドに入り、1時間強で一気に読み終えてしまった。
「もし僕らの言葉がウイスキーであったなら」。
タイトルに釣られて衝動買いしてしまったものの、正直そこから得られる情報とか、空気感は私の予想を遥かに下回るものだった。仮に、私が20代のサラリーマンだったなら、それなりに納得したり感心したりもできたのだろう。しかし50代の今、私はクレバーかつ意地悪になっており、期待値が大きかったが故に、その反動も大きく「実につまらない文章の羅列につき合わされてしまったなー」って本音が、つい口をついて出てきてしまった。
三島由紀夫とかドストエフスキーとかバルザックが好きな私の、文章を味わう舌は日々進化していて、今回の村上春樹のエッセイ集からは、カップヌードルと同じよーな味わいしか感じることができなかった。そしてこの、おいしくも不味くもないテイストには腹立たしさを禁じ得なかった。
だからといって、私がいいものを書けるとは思っていないのだが、かりそめにもプロの作家が作品として本屋に並べるのなら、もっと捻りやサプライズや気づきが欲しい。
すこぶる残念だ。
当分の間、私が村上春樹の作品を、読むことはないし、ましてや彼の本を買うことはないだろう。間違いありません。

2012年2月10日金曜日

ホテル予約。

休みは3月30日(金)から4月4日(水)までの6日間を確保して、いろいろ情報を集めてはいるのだが、帯に短し襷に長しとゆー感じで費用対効果、決済方法、ロケーションなどを勘案した結果、充分な満足が得られるよーなホテルの部屋を確保するってところまでいっていない。自分が想定する落としどころは決まっているので、多少の妥協はしなければならないだろう。しかし、それが許容範囲内に収まっていないと、なんとなく旅行自体のワクワク感が減少するとゆーか、モチベーションが下がってしまう。なので、ネットでの情報収集に余念がないのが今だ。
ところで、本業の話。今月の契約獲得の進捗状況は私の頭の中では凄くいい感じに推移していて、結果が楽しみでさえある。なわけで、6日間はそれなりのコストをかけて王様のよーに遊べるはずなのに、納得するホテル予約に今回は難航しており、なんとなくジョボーンとしてしまう。
様々な選択肢の中から、気に入ったものをセレクトする作業…。これは本来愉しい筈なのに…。
実際の可能性は低いけど、例えば現地で偶然知り合った女子大生が、自分の部屋に泊めてくれるってことはないのかな?そんなことを考えると、日本でホテル予約をするよりは現地調達でいいのかなって気にもなってくる。
ま、詳細が決まったら、ぜひぜひアップしたいと思ってるのでよろひく。
どうなることやら、乞うご期待。

2012年2月9日木曜日

日産自動車。

ドル円は、もう昔ほどの重要性はないにしろ、1ドル79円90銭でカウントした日産自動車の通期の税引後利益は2900億円程度になるようだ。これは国内首位であり、トヨタを抜いて日産自動車が業界のリーディングカンパニーになったとゆーことを表す。日本にいたら、寝耳に水のこの話、私は2ヶ月前に中国沿岸部と内陸部を視察してきたので、当然だと思っている。
首位が入れ替わったとゆーよりも、カルロス・ゴーンが仕組んだ販路が着実に成果を出してきているとゆーことだろう。上海でも洛陽でも、日産車と現代自動車がウジャウジャ走っていたのにトヨタ車はついぞ見ることはなかった。彼はブラジル、ロシアでも販売網を確立させつつあり、インドにも地元合弁で、日産は大規模な工場を稼働させており、既に巨額の売り上げが立っている。個別の部品にしても日産はルノーとの合弁会社を使って、世界中の部品会社から必要な数量を格安で仕入れるシステムを導入しているので、実に如才ない。
幹部の45パーセントが非日本人で占める日産自動車は、すでに日本の企業ではないのかもしれない。ことほどさように、企業は人で変わる。JALも稲盛さんが黒字化に漕ぎ付けたようであるし、この原理原則は過去も未来も同じであるようだ。

2012年2月8日水曜日

2012年2月7日火曜日

余計な書き込み。

今月はまだ、月掛け7000円の医療保険を1件しかもらっていないので、きっちり見込客を落とし込んでいかないと撃沈してしまうから要注意だ。
で、今日はフェイスブックについて書く。フェイスブック上の友人は今日現在で333人。上限の5000人までは遠い道のりだが、おそらく今年の大晦日までには1000人を超えることが予想される。私はテレビを全く観ないことに決めているので、その分、時間の有効活用ができていると思っていたのだが、さにあらず。このフェイスブックに1日のうちのかなりの時間をとられていることに最近気付いた。ひょんなきっかけで30代前半の主婦にフェイスブッ
クフレンドの申請をこちらからしてしまい、即、承認ってことで状況を観察していたのだが…。
朝から書き込みが凄いのだ。無形文化遺産。Stevie Bの動画。小田和正。かぐや姫。伊勢正三。続いてYouTubeの動画2件。ミスチル。シーソーゲーム。あと、意味不明のコメント3件。「おそろしく せまい ぎょーかい」、「ばっきゃろ」、「ふぅ やってれんねぇしよ!」。
さらに続く。スーパーボールの映像。華原朋美。コメント1件。華原朋美。モンキーマジック。2件の動画。YMO.RCサクセション。清志郎のスローバラード。同じくサントワマミー。ブルーハーツのリンダリンダ。ブルーハーツもう1件。さにら1件。JUN SKY。他2件。初音ミク。桑田佳祐。やさしいキスをして。コメント2件は「ぱたぱた まま」、「ぬりたくりなう」。
たった1時間の間にこーゆーふーなのだ。この人はおそらく心が病んでいるのだろう。
ことほどさように、玉石混交の感のあるフェイスブック。こーゆー無意味な書き込みは自分のブログ内でやるべきだ。明るい表通りで大声出して喚いているよーなこの女性とは友達を解除し、フィード購入も止め、ブロックするつもりでいる。迷惑だから…。
さぁ、オフィスに行こう。

2012年2月6日月曜日

地球儀。

伊勢丹松戸店には、近所の祭りのときに毎年、世話になっているので何か購入したいと常々考えていた。で、売場の6階にて写真の地球儀(直径20cm)を税込み4935円で発見。うーっ、微妙な値段だ。しかし、確定申告を素早く済ませておいたため、還付税が振り込まれていたことを想い出し、即、購入した。
この株式会社レイメイ藤井の地球儀はスグレ物で、渡辺教具製作所とかリクルーグル社の物にない特徴があった。まず河南省の鄭州だけでなく、洛陽が記載されていること。サハリンの南半分がロシア領になっていないこと。スコットランドのグラスゴーが記載されていること。直近で独立した南スーダンの領土が明確に示されていること。この全部がキメ手となった。特に、南スーダンに関してはあれだけの大量の血を流した果実として独立を勝ち得た850万人超の国民に対する礼儀として、地球儀の上にも日本の1.7倍もある彼らの領土はしっかりと焼き付けておかねばならないと考えている。
書斎に置いても、リビングに飾っても凄くいい感じで、地図帳で眺めれば遠いロンドンも、直線距離だと意外に近いことを発見したり、いろんな気付きがあってすこぶる面白い。
確か、8歳か9歳の時に、どうしても地球儀が欲しくなり、母にねだって、一緒に長田区にあった神戸デパートに買いに連れて行ってもらったのを、昨日のことのよーに覚えている。実に43年前の遥か昔なのに…。
なので、この商品は滅多に売れるものではない。結論から言えば、地球儀を作っている会社は儲からないってことになる。でもね、夢のある商品だと思うので、各メーカーは歯を食いしばって頑張ってもらいたいと願う。以上。

2012年2月5日日曜日

カンニングペーパー。

最近は外国人の友人も増え、24時間体制でメールの返信に対応している。ガーナのアクラ、コロンビアのボゴタ、インドのデリー、中国の洛陽、上海…。この4カ国が中心で日本語は基本、使わないので英語と中国語での記載が100パーセントを占める。
個別案件で書き込みをするケースでは、それなりに時間をかけて文章を作成するのだが、最大公約数的に考えた場合、「共感」、「称賛」、「激励」とゆー3つのカテゴリーに分類できるトークを多用している現状に、賢明とゆーか横着な私が気付かないわけがない。なので早速、カンニングペーパーを作成して家の中央の柱の、私が見やすい高さに貼り付けてみた。自分の感性に合う言葉や言い回しをピックアップして紙に落としてみたわけだけど、これが自画自賛してもいいくらいの出来栄えなのだ。
パソコンの前でクイックレスポンスが要求される時や、寝起きの時、二日酔いで頭がガンガンしてる時に重宝するだろう。
ベタで原始的なやり方だけど、同じよーなニーズのある方はさぞ多かろうと思う。ぜひぜひマネしてみてチョー。オススメします。

2012年2月4日土曜日

恵方巻。

恵方巻をセブンイレブンに買いに行ったのだけれど、えー、260円もするのーって感じで小銭が足りず、結局、ローソン100ショップに入り直し85円のサラダを2個買って帰った。
なので、私の恵方巻はこのサラダ2個とゆーことになった。
もともとは、大阪・船場の旦那衆が遊女を集めて、その口に太巻きをくわえさせたのが始まりとゆー程度のイベントなので、どーだっていいことなのだ。
でも、太巻たべたいなぁー。夜、衝動的に買いに行くかもしれない。
しかし、3月30日からのサンフランシスコ外遊のための節約は、しておかねばならないのだ。なので、日常生活は極力質素に暮らしたい。
そんなことを、しみじみ考えている節分の私であった。

2012年2月2日木曜日

テレビ。

写真は玄関脇の物置に廃棄してあるテレビである。このブログを始めた2009年3月15日にはもう彼は映らなくなっていて、それ以降テレビを購入していないので、今日現在、テレビのない生活は少なくとも3年以上に及ぶ。
岩本家には、テレビがないのだ。
それでいて、不自由かとゆーとそうでないどころか、テレビを視聴する無駄な時間の削減により、自由時間が生じ、他のことができるのでメリットだらけのよーな気がする。
さっき、近所の中華料理屋「長江」で、チンジャオロースー定食を食った際、テレビを観た。これは私にとっては非日常のことなので、客観的に観察することができた。番組は見たことのないお笑い芸人が司会を務めるバラエティーだ。画面には注目しないものの、音を聴いていると奇妙な現象に気が付いた。画面に沿って絶叫するナレーターのクサい喋り口、タレントのコメントの前後にピコっとかゆー効果音、大中小と三種類に分けた爆笑音。テレビの外側では誰も笑っていないので、先にテレビが笑ってしまっているテイタラク。いったい何なんだろう?これがメディアと呼べる代物だろうか?
この番組を試聴することで、個々の視聴者にメリットは存在するんだろうか?
テレビが醸し出す暇つぶしに付き合っていられるほど私は暇ではないし、時間を費消するのが勿体無いと思うので、今後も私がテレビを新規に購入することはないだろう。
みなさんも、1日も早くテレビの廃棄をしましょう。但し、面白いコンテンツが増えてくるようなら考え直さないといけないけど、テレビに広告を打つ企業はこれから激減してくるだろうから、制作費を捻出できず、質の低下は否めないかもなぁ。合掌!

2012年2月1日水曜日

神の手。

ここ8年ぐらいは、写真の長沼良和先生に揉んでもらっている。腰痛歴32年の私は、一般の方よりも揉まれた場数が違うので、整形外科の先生も含めた上で、その都度、最上の処置をお願いするのだが、この先生にかかってからは、年に数回通う程度で痛みが顕在化しない。なので日常生活において支障をきたすよーなことがないのだ。
この先生は針とか灸も得意なのだが、下腹に近い股関節の内側をピンポイントで押すとゆー画期的な方法を用いるので、本当に重宝している。正に神の手だと断言しても良い。
もう1人思い出すのは京都府の丹後半島のどこかで多分存命であろう千代松さん。彼もゴッドハンドの持ち主で、京都の南座で藤山寛美の指名を独占し続けていた盲目の天才だ。この人は揉んでいる最中、終始エロ話を連発するので人によっては厭な印象を受けるのかもしれないが、その手業の多彩さにおいては世界一だったのではないかと、いまだに私は思っている。
で、長沼先生は都営新宿線曙橋駅徒歩1分の「テラフィあけぼの橋」で活躍中です。電話予約は03-3341-1846にどうぞ。